うちへおいでのネタバレ「翔太&ハルちゃん」

ここ半年生理がない・・。

 

お腹も大きくなってきてる。ハルミは赤ちゃんができてしまったことを実感していました。

 

▼まんが王国で「うちへおいで」と検索して読めます▼
>>まんが王国で「うちへおいで」を読む

 

ハルミは母親が経営するスナック「すい〜と」で働いているのですが、

 

「赤ちゃんを産んだら店へ出れないだろ!」

 

と母親にビンタされ中絶を勧められてしまう有様でした。

 

子供を産むことに猛反対されたハルミは店を飛び出し彼氏の健ちゃんに助けを求めると逃げてしまいました。

 

ハルミは母親に強制的に病院へ連れて行かれましたが、医者は9ヶ月だから堕ろしたら捕まってしまうと言い、結局堕ろすことはできませんでした。

 

店に戻ると警察と児童相談所が介入してきて、児童福祉法違反の疑いでハルミの母親は署に連行されそうになったところで、健ちゃんが現れたのです。

 

健ちゃんは自分の母親を連れて店にやってきて、うちで育てればいいということで一旦は解決したのですが・・。

 

1ヶ月後翔太が生まれ、健ちゃんの母親はものすごく厳しい人で、ハルミは辛い生活を送りそれから3ヵ月して健ちゃんは書置きを残して一人で逃げてしまったのです。

 

ハルミは健ちゃんの母親に手切れ金として200万円渡され追い出されてしまい、児童相談所に相談をしている最中でした。

 

そこで話に出たのが、のあちゃんの里親をしている星成桃子さんでした。

 

しかし、ハルミは自分の子供を他人に預けるなんてできないと言い翔太と2人で生活をすることにしました。

 

それから半年の月日が流れ、今は翔太を夜預かってくれる保育所を見つけキャバクラで働き始めていました。

 

そしてまたしてもキャバクラに警察の介入が入りお店は注意を受け5日間の営業停止となってしまい、お金に困るようになってしまいました。

 

そんな中、キャバクラのユキちゃんから連絡があり常連客の「竹さん」という男性と食事でもどおかと誘われました。

 

ハルミは翔太を置いて出かけてしまい帰宅すると救急車が来ていて大騒ぎになっていました。

 

近所の人からハルミの部屋から赤ちゃんが大泣きしていると通報があり、部屋に入るとハルミのうつ病の薬を翔太が食べてしまうところだったらしく、翔太は脱水症状と低栄養ということが病院で判明しました。

 

その病院に星成桃子が駆け付けると、ハルミは翔太を預けることを嫌がっていましたが、星成家に預けることにしました。

 

桃子は目の下にクマを作るぐらい一生懸命翔太の世話をしてくれていました。

 

児童相談所で再びハルミと翔太は再会し抱っこするのですが、まだ完全には翔太はハルミのことを受け入れてくれません。

 

これからもまだ星成家の世話になる翔太ですが、ハルミはいつか翔太と一緒に暮らせるように少しずつお母さんとしての仕事が果たせる日まで頑張り続けているのでした。

 

▼まんが王国で「うちへおいで」と検索して読めます▼
>>まんが王国で「うちへおいで」を読む

リンク