うちへおいでのネタバレ「のあ」その3

予定より早くのあちゃんの母親(布川直子)は出所しました。

 

布川直子から手紙が届いたことで桃子は乳児院にクレームを言いました。

 

▼まんが王国で「うちへおいで」と検索して読めます▼
>>まんが王国で「うちへおいで」を読む

 

桃子は、こんなに早く出所するんだったら星成家のことは知らないまま、まっすぐ実の母親の元へ行っていた方がのあちゃんとしては(別れを経験しないで済むので)良かったんじゃないかと心配するようになりました。

 

その夜、のあちゃんの2歳の誕生日パーティーが行われ、ケーキやプレゼントが出てきました。

 

その時でした。

 

外から物音が聞こえたので桃子は窓を開け確認するも誰もいなかったのでそのままやりすごしました。

 

ちょうどその頃、帰宅してきた桃子の夫が家を覗きこんでいる女性を発見したのです!

 

夫が助けを呼び家族みんなで捕まえると、なんとのあちゃんの母親「布川直子」でした。

 

顔を見るとのあちゃんそっくりでした。

 

桃子は直子に自分が母親と明かさないことを条件に家に上げ、直子とのあは2年ぶりの再会を果たしたのでした。

 

直子はのあに洋服をプレゼントし、のあを抱っこして桃子に写真を撮ってもらいました。

 

すると直子はたまらなくなりのあをとつぜん強く抱きしめると、のあは嫌がり大泣きしてしまい、家族みんなでひきはがしました。

 

直子は泣きながら、

 

「私が産んだ子なのに、一緒に暮らせないなんておかしい!」

 

と言い出し、自分がしたこと(覚せい剤)をまるでわかっていないようでした。

 

桃子は、

 

「お母さんならお母さんの仕事をちゃんとやってください!」

 

と言い、続けて

 

「今のあなたじゃできない」

 

と厳しいこと言いました。

 

「約束を守れる人(里親に接触しない)になって生活が安定したらまたのあちゃんに会いに来て下さい」

 

桃子はのあちゃんの写真アルバムを直子に見せ説得し、納得したうえで直子は帰って行きました。

 

▼まんが王国で「うちへおいで」と検索して読めます▼
>>まんが王国で「うちへおいで」を読む

リンク